26cmの深型ステンレスフライパンおすすめ3選|食洗機対応モデルや軽量タイプの商品も紹介

26cmの深型ステンレスフライパンおすすめ3選|食洗機対応モデルや軽量タイプの商品も紹介

BestOne編集部

2024年07月23日時点の最新価格で比較できます

耐久性が高く、保温性にも優れている「ステンレスフライパン」。今回紹介する26cmの深型ステンレスフライパンは煮込み料理や無水調理に最適です。そこで、この記事では26cmの深型ステンレスフライパンの選び方やおすすめメーカー、人気商品をランキング形式で紹介。人気のT-fal(ティファール)やツヴィリングJ.A.ヘンケルスの商品も掲載しているので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事に登場する専門家・担当者

オールアバウト Best One編集部 キッチン担当
オールアバウト Best One編集部
キッチン担当
BestOne編集部で調理器具・キッチン雑貨から食品まで、キッチンや食べ物にかかわる商材を発信。メンバーは、年齢層も幅広く、一人暮らしから主婦まで性別問わず幅広く在籍しています。フライパンや冷蔵庫・炊飯器などを比較し、ユーザーの皆さんにお気に入りの1つを見つけていただくために、商品の選び方やメリット・デメリットを調査してわかりやすく解説しています。
詳しくはこちら
目次
26cm深型ステンレスフライパンの特徴
26cmステンレスフライパンの選び方
26cmステンレスフライパンのおすすめメーカー
26cmの深型ステンレスフライパンおすすめ人気ランキング3選
Amazon・楽天市場の深型ステンレスフライパン26cmのおすすめモデルを見る
まとめ
この記事に登場した専門家

26cm深型ステンレスフライパンの特徴

26cm深型ステンレスフライパンの特徴
26cmの深型ステンレスフライパンは、2~3人分の料理を作るのに適したサイズです。また、深型タイプなため、スープなども作ることができます。夫婦やカップルで同棲している方、揚げ物・汁気が多い料理などを作りたい方におすすめ。具体的な目安として、目玉焼きが3~4個分作れるサイズです。
 
ステンレスフライパンは保温性に優れており、焼き料理や煮込み料理などに適しています。また、ステンレス素材は油が劣化しにくいという特徴があるため、揚げ物に適しているのも嬉しいポイント。家庭での料理の幅が一気に広がります。
 
以下の記事ではステンレスフライパンのメリット・デメリットについて詳しく記載しています。得意な料理や苦手な料理についても紹介しているので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。
ステンレスフライパンのメリットとデメリットを見る ステンレスフライパンのメリットとデメリットを見る>>

26cmステンレスフライパンの選び方

26cmの深型ステンレスフライパンを購入する前に、自分に合った重さや対応熱源などをチェックすることが大切ですが、「全面多層構造」などをおさえておくのも、よりよい商品選びのポイント。ここでは、26cmの深型ステンレスフライパンの選び方について解説します。ぜひ参考にしてみてください。

重さをチェック

重さをチェック
26cmの深型ステンレスフライパンを選ぶ際は、まず「重さ」をチェックすることが大切なポイントです。26cmの深型タイプだと、平均1000g前後の製品が数多くラインナップされています。重量があると、その分耐久性も上がるため、軽さを重視するか耐久性を重視するか、購入する前にしっかりと決めておきましょう。
 
なお、記事内で紹介している商品のうち、軽量モデルとしておすすめなのは以下の商品です。
 

対応熱源をチェック

対応熱源をチェック
26cmの深型ステンレスフライパンを選ぶ際は「対応熱源」をチェックすることも大切なポイントです。最近のステンレスフライパンはガスコンロとIH調理器どちらにも対応しているものがほとんどですが、中にはガスコンロのみ、IH調理器のみのモデルもあります。そのため、購入する際はしっかりとチェックしておきましょう。
 
なお、記事内で紹介している商品のうち、IH調理器に対応しているのは以下の商品です。
 

全面多層構造をチェック

26cmの深型ステンレスフライパンを選ぶ際は「全面多層構造」かどうかチェックすることも大切なポイントです。ステンレスフライパンは「ステンレス・アルミ・ステンレス」と何層も重ねたタイプが主流で、その中でも「底面のみ多層構造」タイプと「全面多層構造」タイプの2種類に分かれています。
 
以下ではそれぞれの特徴をまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。
  メリット デメリット
全面多層構造
食材の焼きムラが少ない
熱伝導性に優れている
保温性に優れている
軽量モデルが多い
価格が比較的高い
底面のみ多層構造
価格が比較的安い
熱ムラが少ない
熱伝導率が低い

コーティング付きをチェック

コーティング付きをチェック
26cmの深型ステンレスフライパンを購入する際は「コーティング付き」をチェックすることも大切なポイントです。ステンレスフライパンは、油を十分に使用しないと食材がくっつきやすく焦げ付きやすいというデメリットがあります。
 
食材がこびりつくのを避けたい、お手入れを簡単にしたいという方は「フッ素コーティング付き」のステンレスフライパンがおすすめです。食材のこびりつきや焦げ付きを抑えてくれるだけでなく、汚れも簡単に落ちるので、日々のお手入れも簡単に済みます
 
なお、記事内で紹介している商品のうち、コーティングが施されているモデルは以下の商品です。
 

26cmステンレスフライパンのおすすめメーカー

ここからは、26cmの深型ステンレスフライパンのおすすめメーカーとして、T-fal(ティファール)、Zwilling J.A. Henckels(ツヴィリングJ.A.ヘンケルス)の2メーカーの特徴を紹介します。すっきりと収納できるものを探している方はティファールがおすすめ。おしゃれなデザインで細部にまで工夫が施されたものを探している方はツヴィリングJ.A.ヘンケルスのモデルをチェックしてみてください。

T-fal(ティファール)

T-fal(ティファール)
出典:Amazon
1956年にフランスで設立されたT-fal(ティファール)は、世界で初めて「こびりつかないフライパン」を発明し、今でも人気を誇るメーカーです。ティファールのステンレスフライパンはコンパクトに収納できるのが大きな特徴のひとつ。同シリーズのフライパンやソースパン、シチューポットなど異なるアイテムと重ねて収納することができます。
 
また、トップコートにチタンを配合して耐久性を強化。一般的なフライパンより、こびりつきにくさが約2倍長持ちします。
 
以下の記事では、T-fal(ティファール)のステンレスフライパンを紹介しています。人気の取っ手が取れるタイプも掲載しているので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。
ティファールのステンレスフライパンを見る ティファールのステンレスフライパンを見る>>

ZWILLING(ツヴィリング)

Zwilling J.A. Henckels(ツヴィリングJ.A.ヘンケルス)
出典:Amazon
1731年にドイツのゾーリンゲンで創業したZWILLING(ツヴィリング)は、包丁や調理家電、鍋・フライパンなどで有名なメーカーです。ツヴィリングJ.A.ヘンケルスのステンレスフライパンは、細部にまでこだわった使いやすさが魅力のひとつ。底面の端にまで熱を伝える底面3層構造で、スープなどをすばやく加熱。保温性に優れているため、熱しやすく冷めにくい仕様です。
 
以下の記事では、ZWILLING(ツヴィリング)のステンレスフライパンを紹介しています。スタイリッシュでおしゃれなデザインのモデルも掲載しているので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。
ツヴィリングステンレスフライパンを見る ツヴィリングステンレスフライパンを見る>>

26cmの深型ステンレスフライパンおすすめ人気ランキング3選

ここからは、26cmの深型ステンレスフライパンのおすすめ商品をランキング形式で紹介します。ツヴィリングやティファールの人気モデルや、おしゃれなデザインにも注目。ランキングは、本記事でお伝えした選び方のほか、Amazonや楽天市場などの大手通販サイトで人気の商品も参考にピックアップしました。スペック表にある対応熱源や深さの数値なども参考にして、自分に合った商品を見つけてみてください。
型番:KVDP26

Kevnhaun(ケヴンハウン) ディープパン 26cm

参考価格: 4,476

軽量でハンドルも持ちやすい波型デザイン

煮込み料理もたっぷり調理できる深型でありながら軽量化も実現したディープパン。鍋底のみに三層構造を取り入れることで熱効率を高めながら、より扱いやすい重さに仕上がっています。内側全面には三層フッ素コーティングを施すことで汚れにくくお手入れも簡単。ハンドルは波型設計で手になじみやすいのもポイントです。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月23日 10:15時点 shopping.yahoo.co.jp: 2024年7月14日 12:15時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
内径 26cm
深さ
重さ 1100g
取っ手の素材 フェノール樹脂・ステンレス鋼
対応熱源 IH、ガス、ラジエントヒーター、シーズヒーター
食洗機対応 ×
型番:71168-260

ZWILLING(ツヴィリング) BELLASERA ステンレスフライパン 26cm

参考価格: 12,100

ローズゴールドが華やかさを添える

ステンレスにローズゴールドカラーのハンドルが華やかさを添える美しいデザインのステンレスフライパン。PVDコーティングにより耐摩耗性を高めているため輝きも長持ちします。底面三層構造により素早くムラのない加熱を実現し、カリッとジューシーに仕上げたいお肉料理に最適。オーブン料理にも使用でき、見栄えよく仕上がります。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月23日 10:04時点 shopping.yahoo.co.jp: 2024年7月16日 00:52時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
内径 26cm
深さ
重さ 1400g
取っ手の素材 ステンレス鋼
対応熱源 IH、ガス、オーブン
食洗機対応
型番:G72905

T-fal(ティファール) オプティスペース IHステンレスフライパン

参考価格: 3,398

コンパクトに重ねやすいスマート設計

同シリーズの製品とコンパクトに重ねて収納しやすいスマート設計が特長のステンレスフライパン。メーカー独自の厚くて丈夫なIHディスクを底面に採用することにより優れた熱伝導率を実現しており、変形もしにくいです。内側表面のチタン・インテンスコーティングにより使い始めのこびりつきにくさも長持ちします。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月23日 10:15時点 rakuten.co.jp: 2024年7月9日 12:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2024年7月14日 12:18時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
内径 26cm
深さ 5.16cm
重さ 1215g
取っ手の素材 フェノール樹脂+ステンレス鋼 (クロム16%)
対応熱源 ガス、電気プレートコイルvセラミックヒーター、ハロゲンヒーター、電磁調理器(IH 100V-200V対応)
食洗機対応 ×

おすすめ商品の比較一覧表

紹介したおすすめ商品の価格や詳細情報などを比較しやすく一覧にまとめました。自分にぴったり合った商品選びの参考にしてください。
商品名 オプティスペース IHステンレスフライパン BELLASERA ステンレスフライパン 26cm ディープパン 26cm
商品画像
T-fal(ティファール)
ZWILLING(ツヴィリング)
Kevnhaun(ケヴンハウン)
最安価格
特徴 コンパクトに重ねやすいスマート設計 ローズゴールドが華やかさを添える 軽量でハンドルも持ちやすい波型デザイン
内径 26cm 26cm 26cm
深さ 5.16cm
重さ 1215g 1400g 1100g
取っ手の素材 フェノール樹脂+ステンレス鋼 (クロム16%) ステンレス鋼 フェノール樹脂・ステンレス鋼
対応熱源 ガス、電気プレートコイルvセラミックヒーター、ハロゲンヒーター、電磁調理器(IH 100V-200V対応) IH、ガス、オーブン IH、ガス、ラジエントヒーター、シーズヒーター
食洗機対応 × ×

Amazon・楽天市場の深型ステンレスフライパン26cmのおすすめモデルを見る

Amazonの深型ステンレスフライパン26cmのおすすめモデルを見る Amazonの深型ステンレスフライパン26cmのおすすめモデルを見る>>
楽天市場の深型ステンレスフライパン26cmのおすすめモデルを見る 楽天市場の深型ステンレスフライパン26cmのおすすめモデルを見る>>

まとめ

オールアバウト Best One編集部 キッチン担当
オールアバウト Best One編集部
キッチン担当
今回は、26cmの深型ステンレスフライパンの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介しました。ステンレスフライパンは耐久性に優れており、お手入れをしっかり行えば、半永久的に使用できる調理器具へと変化していきます。また、深型フライパンは一般的なフライパンよりも調理の幅が広く「焼く・炒める・煮る・揚げる・茹でる」の5役が可能です。ぜひ、この記事を参考にして、自分にぴったりのアイテムを見つけてみてください。
 
以下の記事では、その他のサイズのステンレスフライパンを紹介しています。
ステンレスフライパンを見る ステンレスフライパンを見る>>

選び方のコツをもう一度チェック!

記事の中で解説した下記のポイントを参考に、気になる商品を比較して、自分に合ったものを見つけましょう。
26cmステンレスフライパンの選び方

この記事に登場する専門家・担当者

オールアバウト Best One編集部 キッチン担当
オールアバウト Best One編集部
キッチン担当
BestOne編集部で調理器具・キッチン雑貨から食品まで、キッチンや食べ物にかかわる商材を発信。メンバーは、年齢層も幅広く、一人暮らしから主婦まで性別問わず幅広く在籍しています。フライパンや冷蔵庫・炊飯器などを比較し、ユーザーの皆さんにお気に入りの1つを見つけていただくために、商品の選び方やメリット・デメリットを調査してわかりやすく解説しています。
詳しくはこちら

※記事に掲載している商品の情報はBestOne編集部の調査結果に基づいたものになります。
※ランキングは、専門家による選び方のポイントや、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋上位商品、口コミ・検証・アンケート・価格情報等を参考にBestOne編集部にて順位付けしたものになります。
※記事に掲載している商品の価格はAmazonや楽天市場などの各ECサイトが提供するAPIを使用しています。そのため、該当ECサイトにて価格に変動があった場合やECサイト側で価格の誤りなどがあると、当サイトの価格も同じ内容が表示されるため、最新の価格の詳細に関しては各販売店にご確認ください。

あなたにおすすめの記事
関連記事