キプロスターのステンレスフライパンのサイズ展開や特徴を紹介|IH対応や20cmモデルにも注目

キプロスターのステンレスフライパンのサイズ展開や特徴を紹介|IH対応や20cmモデルにも注目

BestOne編集部

2024年07月23日時点の最新価格で比較できます

家庭用から業務用まで幅広く活躍する「キプロスターのステンレスフライパン」。サイズバリエーションが豊富でIHに対応してるのが魅力です。この記事ではキプロスターのステンレスフライパンの特徴やおすすめ商品を紹介。口コミで人気のモデルや、フッ素コーティング加工モデルもピックアップしました。20cmから30cmのサイズにも注目しているので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事に登場する専門家・担当者

オールアバウト Best One編集部 キッチン担当
オールアバウト Best One編集部
キッチン担当
BestOne編集部で調理器具・キッチン雑貨から食品まで、キッチンや食べ物にかかわる商材を発信。メンバーは、年齢層も幅広く、一人暮らしから主婦まで性別問わず幅広く在籍しています。フライパンや冷蔵庫・炊飯器などを比較し、ユーザーの皆さんにお気に入りの1つを見つけていただくために、商品の選び方やメリット・デメリットを調査してわかりやすく解説しています。
詳しくはこちら
目次
KIPROSTAR(キプロスター)とは
キプロスターのステンレスフライパンの特徴
キプロスターのステンレスフライパンの各商品を比較
キプロスターのステンレスフライパンの選び方
キプロスターのステンレスフライパン商品詳細
Amazon・楽天市場のキプロスターのステンレスフライパンおすすめ商品
キプロスターのステンレスフライパンの使い方
キプロスターのステンレスフライパンのお手入れ
まとめ
この記事に登場した専門家

KIPROSTAR(キプロスター)とは

KIPROSTAR(キプロスター)とは
出典:Amazon
キプロスターはフライパンや寸胴、ミキサーなど、さまざまな調理機器を扱っている日本のメーカーです。「業務用調理機器をもっと身近に。」をコンセプトに、高品質かつ低価格にこだわった製品がラインナップされています。
 
低価格と高品質については、企画や材料確保、製造、検品などを社員が担っていたり、生産効率を向上させて製造費用をコストダウンをしたりなど、さまざまな工夫のもと実現しています。そのほか、上乗せ価格を設定していないことや、ユーザーの口コミを重視して宣伝広告費をかけていないことなども低価格が実現している理由です。
 
また、1年の保証が付いており、修理が必要になった場合でも安心。もし保証期間が過ぎた場合でも修理対応をしてくれるなど、アフターケアも充実しています。

キプロスターのステンレスフライパンの特徴

キプロスターのステンレスフライパンの特徴
出典:Amazon
キプロスターのステンレスフライパンは三層構造で熱効率がよく、IHや食洗機にも対応しているのが特徴です。内側は腐食に強い「21-0ステンレス」、芯材には熱伝導がよい「アルミニウム」、外側はIH加熱に向いている「18-0ステンレス」を採用。日本工業規格に基づいた強度証明も取得しているので、業務用としても安心して使うことができます。
 
一人暮らし用に最適な20cmから、業務向けの26cm~30cmサイズまで、幅広いサイズ展開で、目的のフライパンを選びやすいのもうれしいポイント。持ち手は厚みがあり、握りやすくなっています。
 
※深さがある「コニカルパン」は20cmと24cmのみのサイズ展開です。

キプロスターのステンレスフライパンの各商品を比較

キプロスターのステンレスフライパンの各商品を比較
出典:Amazon
キプロスターのステンレスフライパンには業務用ステンレスフライパン(フッ素コーティング加工あり)と業務用ステンレスフライパン(フッ素コーティング加工なし)、コニカルパンの3種類がラインナップされています。それぞれ、サイズ展開や重さなどの違いをチェックしたい方は、以下の比較表を参考にしてみてください。
  業務用ステンレスフライパン
(表面フッ素樹脂コーティング加工あり)
業務用ステンレスフライパン
(表面フッ素樹脂コーティング加工なし)
コニカルパン
サイズ展開 20cm、22cm、24cm、26cm、28cm 20cm、22cm、24cm、26cm、28cm、30cm 20cm、24cm
重さ 約650~1300g 約650~1710g 約720、1040g
素材 本体:ステンレス21-0、フッ素樹脂塗膜加工
底:ステンレス18-0・アルミニウム
本体:ステンレス21-0
底:ステンレス18-0・アルミニウム
本体:ステンレス21-0
底:ステンレス18-0・アルミニウム
対応熱源 ・ガス火、電磁調理器(IH)対応
・直火、電磁調理器、エンクロヒーター、シーズヒーター、ラジエントヒーターに対応
・ガス火、電磁調理器(IH)対応 ・ガス火、電磁調理器(IH)対応

キプロスターのステンレスフライパンの選び方

キプロスターのステンレスフライパンを購入する際に、自分に合ったサイズやフッ素コーティング加工の有無をチェックすることが、よりよい商品選びのポイント。ここでは、キプロスターのステンレスフライパンの選び方について解説します。ぜひ参考にしてみてください。
なお、以下の「ステンレスフライパンのおすすめ」では、キプロスター以外の商品も紹介しています。メーカーにこだわらずにステンレスフライパンを探したい方は併せてチェックしてみてください。
ステンレスフライパンのおすすめ商品を見る ステンレスフライパンのおすすめ商品を見る>>

サイズで選ぶ

サイズで選ぶ
出典:Amazon
フライパンを選ぶ際は、人数分の料理を作れるサイズを選ぶのがポイントです。サイズが小さすぎると、料理の量が少なくなり、大きすぎると、料理やお手入れがしにくくなるため、ちょうどよいサイズを選びましょう。キプロスターのステンレスフライパンを選ぶ際も以下の目安を参考に購入してみてください。
 
  • 20cm:1人分 
  • 22cm:2人分 
  • 24~26cm:3~4人分
  • 28cm以上:4人分以上

フッ素コーティング加工の有無をチェック

フッ素コーティング加工の有無をチェック
出典:Amazon
キプロスターのステンレスフライパンはフッ素コーティング加工がされたものと、そうでないものがあります。フッ素コーティング加工されたステンレスフライパンは表面が滑りやすくなっているのが特徴。そのため、食材がくっつきにくく、汚れも落としやすいので、お手入れがしやすいメリットがあります。
 
ただ、キズが付きやすい、衝撃に弱い、などのデメリットもあるので、気になる方はフッ素コーティングなしのモデルを選ぶのもよいでしょう。

キプロスターのステンレスフライパン商品詳細

ここからは、キプロスターのステンレスフライパンのおすすめ商品を紹介します。フッ素コーティング加工されたモデルや、深型モデルもピックアップしました。スペック表にあるサイズや重さなども参考にして、使用目的に合った商品を見つけてみてください。

業務用ステンレス コニカルパン20cm/24cm

KIPROSTAR(キプロスター) 業務用ステンレス コニカルパン20cm

参考価格: 3,980

「煮る」「焼く」「炒める」に最適

深型の片手鍋としても使えるステンレスフライパン。耐久性や熱伝導に優れているので、利便性と機能性を兼ね備えたモデルです。対応熱源もガス火とIHだけでなく、エンクロヒーター、シーズヒーター、ラジエントヒーターに対応しているのもうれしいポイント。サイズ展開は20cmと24cmがあるので、好みに合わせて選ぶことができます。

お買い物マラソン開催中!最大50%OFFクーポンも!

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月23日 05:01時点 rakuten.co.jp: 2024年1月11日 14:05時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
サイズ 内径200mm×外径214mm×高さ70mm×底面143mm
重さ 約720g
材質 本体:ステンレス21-0、底:ステンレス18-0・アルミニウム
対応熱源 ガス火、電磁調理器(IH)
食洗機対応 対応

業務用ステンレスフライパン(表面フッ素樹脂コーティング 加工)20cm~28cm

KIPROSTAR(キプロスター) 業務用ステンレスフライパン(表面フッ素樹脂コーティング 加工)20cm

参考価格: 4,480

フッ素コーティングでこびりつきにくい

フッ素コーティング加工されたステンレスフライパンです。三層構造で丈夫で温まりやすいほか、こびりつきにくいのが特徴なので、ステンレスフライパンでもこびりつきを気にせず使いたい方にぴったりのモデル。また、サイズ展開が多く、20cmから28cmまであるので、用途に合わせて選べるようになっています。

お買い物マラソン開催中!最大50%OFFクーポンも!

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月23日 05:01時点 rakuten.co.jp: 2024年1月11日 14:04時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
サイズ 内径200mm×外径214mm×高さ45mm×底面145mm
重さ 約650g
材質 本体:ステンレス21-0、ふっ素樹脂塗膜加工、底:ステンレス18-0・アルミニウム
対応熱源 ガス火、電磁調理器(IH)、エンクロヒーター、シーズヒーター、ラジエントヒーター
食洗機対応

業務用ステンレスフライパン20cm~30cm

KIPROSTAR(キプロスター) 業務用ステンレスフライパン20cm

参考価格: 4,280

シンプルで使い勝手がよいステンレスフライパン

フッ素コーティングなしのオーソドックスなステンレスフライパン。ヘアライン加工がされているので、油なじみがよく、食材がこびりつきにくくなっているのが特徴です。また、ほかのステンレスフライパンと同様に熱効率と耐久性に優れた三層鋼を採用しています。サイズも30cmまで展開されているので、用途に合わせて選ぶことができます。

お買い物マラソン開催中!最大50%OFFクーポンも!

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月23日 05:01時点 rakuten.co.jp: 2024年1月11日 14:04時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
サイズ 内径200mm×外径214mm×高さ45mm×底面145mm
重さ 約650g
材質 本体:ステンレス21-0、底:ステンレス18-0・アルミニウム
対応熱源 ガス火、電磁調理器(IH)
食洗機対応 対応

Amazon・楽天市場のキプロスターのステンレスフライパンおすすめ商品

Amazon:キプロスターのステンレスフライパンおすすめ商品>>
楽天市場:キプロスターのステンレスフライパンおすすめ商品>>

キプロスターのステンレスフライパンの使い方

キプロスターのステンレスフライパンの使い方
キプロスターのステンレスフライパンを使用する際は、事前にフタをして、中火で2分程度予熱します。そのあと、水滴を落として、玉になって転がる状態になれば適温です。
 
調理時は油分を含まない食材を使う場合は、油を使用しますが、肉などで無油調理を行う場合は、予熱後弱火に落としてから油が出てくるまでじっくり待つのがポイント。片面に焼き色がついてから裏返しましょう。

キプロスターのステンレスフライパンのお手入れ

キプロスターのステンレスフライパンのお手入れ
キプロスターのステンレスフライパンを使用したあとは、そのまま放置せずに洗いましょう。洗う際は、スポンジと台所用中性洗剤を使用します。また、フライパンが温かいうちに洗うのがポイントで、簡単に汚れを落とすことが可能です。洗ったあとは、しっかり水気をよく拭き取り、乾燥させてから収納します。

焦げ付きがひどかったり、変色・シミなどがある場合

焦げつきがひどい場合や、変色・斑点・シミがある場合は、一度ぬるま湯にしばらく浸けるか、湯を沸かすかをして、焦げを取りやすい状態にしましょう。そのあとに、温かいうちに専用のクレンザーなどでスポンジでこすり洗いをし、焦げつきを落とし、最後に台所用中性洗剤でクレンザーを洗い流します。

まとめ

オールアバウト Best One編集部 キッチン担当
オールアバウト Best One編集部
キッチン担当
キプロスターのステンレスフライパンの特徴や商品ラインナップを紹介しました。豊富なサイズバリエーションで人数に合ったサイズを選びやすく、特定のサイズをピンポイントで購入したい方にもおすすめのメーカーです。また、フッ素コーティング加工されたモデルや食洗機対応のモデルなどもあるので、この記事を参考に好みに合ったステンレスフライパンを見つけてみてください。
なお、以下の「フライパンのおすすめ」では、ステンレス以外の素材や、そのほかの人気メーカー・ブランドの製品にも注目しています。素材やブランドにこだわらず幅広くチェックしたい方は併せて参考にしてみてください。
フライパンのおすすめ商品を見る フライパンのおすすめ商品を見る>>

選び方のコツをもう一度チェック!

記事の中で解説した下記のポイントを参考に、気になる商品を比較して、自分に合ったものを見つけましょう。
キプロスターのステンレスフライパンの選び方

この記事に登場する専門家・担当者

オールアバウト Best One編集部 キッチン担当
オールアバウト Best One編集部
キッチン担当
BestOne編集部で調理器具・キッチン雑貨から食品まで、キッチンや食べ物にかかわる商材を発信。メンバーは、年齢層も幅広く、一人暮らしから主婦まで性別問わず幅広く在籍しています。フライパンや冷蔵庫・炊飯器などを比較し、ユーザーの皆さんにお気に入りの1つを見つけていただくために、商品の選び方やメリット・デメリットを調査してわかりやすく解説しています。
詳しくはこちら

※記事に掲載している商品の情報はBestOne編集部の調査結果に基づいたものになります。
※ランキングは、専門家による選び方のポイントや、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋上位商品、口コミ・検証・アンケート・価格情報等を参考にBestOne編集部にて順位付けしたものになります。
※記事に掲載している商品の価格はAmazonや楽天市場などの各ECサイトが提供するAPIを使用しています。そのため、該当ECサイトにて価格に変動があった場合やECサイト側で価格の誤りなどがあると、当サイトの価格も同じ内容が表示されるため、最新の価格の詳細に関しては各販売店にご確認ください。

あなたにおすすめの記事
関連記事