ビタクラフト鉄フライパンの魅力|口コミやスーパー鉄シリーズと打出しフライパンの違いも紹介

ビタクラフト鉄フライパンの魅力|口コミやスーパー鉄シリーズと打出しフライパンの違いも紹介

BestOne編集部

2024年07月23日時点の最新価格で比較できます

軽くて料理がしやすい「ビタクラフトの鉄フライパン」。「スーパー鉄 フライパン」や「スーパー鉄 ウォックパン」「スーパー鉄 エッグパン」のほか、プロ評価の高い「打ち出しフライパン」などがあります。そこで今回は、おすすめのビタクラフトの鉄フライパンの特徴について紹介します。口コミの評価や、IH対応がどうかも注目しました。ビタクラフトの製品が気になっている方は、ぜひチェックしてみてください。

この記事に登場する専門家・担当者

オールアバウト Best One編集部 キッチン担当
オールアバウト Best One編集部
キッチン担当
BestOne編集部で調理器具・キッチン雑貨から食品まで、キッチンや食べ物にかかわる商材を発信。メンバーは、年齢層も幅広く、一人暮らしから主婦まで性別問わず幅広く在籍しています。フライパンや冷蔵庫・炊飯器などを比較し、ユーザーの皆さんにお気に入りの1つを見つけていただくために、商品の選び方やメリット・デメリットを調査してわかりやすく解説しています。
詳しくはこちら
目次
Vita Craft(ビタクラフト)とは?
ビタクラフト鉄フライパンの口コミや評判
ビタクラフト鉄フライパンの「スーパー鉄」の特徴
ビタクラフト鉄フライパン「打出しフライパン」の特徴
Vita Craft(ビタクラフト)鉄フライパンの4モデル商品詳細
Amazon・楽天市場のビタクラフト鉄フライパンおすすめ商品
まとめ
この記事に登場した専門家

Vita Craft(ビタクラフト)とは?

Vita Craft(ビタクラフト)とは?
出典:Amazon
Vita Craft(ビタクラフト)とは、1939年にアメリカで設立された、調理器具ブランドです。ビタクラフトは、ビタミン(ビタ)を逃さない手作り(クラフト)の鍋という由来があり、ビタミンやミネラルを逃さず、健康的な無水・無油調理ができるフライパンや鍋を製造しています。
 
また、ビタクラフトの製品は、熱伝導率の高いアルミニウムと保温性に優れたステンレスを何重にも重ねた「全面多層構造」で作られているため、熱しやすく冷めにくい理想的なフライパンに仕上がっています。ビタクラフトの製品は、ガス火やIH、その他のあらゆる熱源にも対応しているので、さまざまなシーンで活躍することでしょう。

ビタクラフト鉄フライパンのラインナップ|スーパー鉄と打出しフライパンの違いもチェック

  特徴 サイズ展開 対応熱源
スーパー鉄シリーズ
「スーパー鉄 フライパン 」
・炒め物に向いている
・面倒なお手入れが不要で鉄フライパン初心者にもおすすめ
・錆びにくい窒化鉄フライパン
・熱くならないよう中が空洞の「ステンレス製ハンドル」
・20cm
・24cm
・26cm
・28cm
・IH
・ガス火
スーパー鉄シリーズ
「スーパー鉄 ウォックパン 」
・炒める、焼く、煮る、蒸すもできるマルチなウォックパン
・面倒なお手入れが不要で鉄フライパン初心者にもおすすめ
・錆びにくい窒化鉄フライパン
・熱くならないよう中が空洞の「ステンレス製ハンドル」
・22cm
・24cm
・26cm
・28cm
・30cm
・33cm
・IH
・ガス火
スーパー鉄シリーズ
「 エッグパン」
・卵焼き器
・面倒なお手入れが不要で鉄フライパン初心者にもおすすめ
・錆びにくい窒化鉄フライパン
・熱くならないよう中が空洞の「ステンレス製ハンドル」
縦19.9cm ・IH
・ガス火
ビタクラフト プロシリーズ
「打出しフライパン」
・神奈川県横浜市にある「山田工業所」とのコラボモデル
・シーズニングやお手入れの手間は必要だが、
 熱まわりがよく軽量な点からプロの料理人にも評価されている
・鉄を数千回叩いて作る「打出し」製法を採用
・丈夫かつ薄く軽量
・熱まわり、油なじみがよい
・24cm
・27cm
・30cm
・IH
・ガス火
ビタクラフトが取り扱う鉄製のフライパンは、大きく「スーパー鉄」と「打出しフライパン」の2つに分けられ、それぞれの特徴は以下の通り。
 
 
また、スーパー鉄シリーズは、炒め物に向いている「スーパー鉄 フライパン」、煮たり蒸したりもできる「スーパー鉄 ウォックパン」、卵焼き器の「エッグパン」と3つのバリエーションが展開されています。
 
それぞれの特徴について詳しくは、ビタクラフト鉄フライパンの「スーパー鉄の特徴」をチェックしてみてください。

ビタクラフト鉄フライパンの口コミや評判

ビタクラフト鉄フライパンの口コミや評判
出典:Amazon
「スーパー鉄シリーズ」のビタクラフト鉄フライパンについて、「持ち手が熱くなりにくく使いやすい」「食材がくっつきにくい」「デザインがかっこいい」など製品を高く評価する声が多く見られました。

一方で「重く感じる」「焦げ付きやすい」という意見もいくつか確認できます。腕力に自信のある方やお手入れが気にならない方なら、購入しても損はないと言えるでしょう。
 
なお製品別のレビューや口コミについては、公式サイトのページ下部にて確認できます。気になる人は、以下からご覧ください。
 

ビタクラフト鉄フライパンの「スーパー鉄」の特徴

ビタクラフトの鉄フライパンである「スーパー鉄シリーズ」は、手入れ簡単で料理が美味しく仕上がる工夫が施された鉄フライパンです。こちらの項目では、ビタクラフト鉄フライパンの特徴をまとめているので、ぜひチェックしてみてください。

サビにくく、お手入れも簡単

サビにくく、お手入れも簡単
出典:Amazon
鉄の内部に窒素を浸透させ、表面の強度を高める「窒化4層加工」が施されており、サビにくい鉄フライパンに仕上がっています。鉄フライパン初心者の方でも扱いやすく、使い始めの「焼き入れ」や使い終わった後の「油引き」といった面倒な手入れは不要。使い終わった後は、ぬるま湯でサッと洗うだけで済みます。

料理が美味しく仕上がる

料理が美味しく仕上がる
出典:Amazon
フライパンの表面には、油の吸収性を高める凹凸があり、焼き物にはキレイな焼き色を付け、炒め物はシャキッと仕上げることが可能。ステーキやチャーハン、餃子など、さまざまな料理を美味しく仕上げることができます。また、使い込めば使い込むほど油がなじみ、こびりつきにくくなります。

使いやすくて安心・安全

Vita Craft(ビタクラフト)とは?
出典:Amazon
ハンドルはビタクラフト プロシリーズで人気のステンレス製片手ハンドルを採用しており、「耐久性が高い」「持ちやすい」「熱くなりにくい」という特徴があります。ガス火はもちろん、200VのIHクッキングヒーターでも使用することが可能。本体の成形から加工、仕上げ、検品まで全て日本国内で行っているため、安心安全の「Made in Japan」です。
また、ビタクラフト以外のメーカーの鉄フライパンも見てみたいという方は、鉄フライパンのおすすめ人気ランキングの記事もチェックしてみてください。
鉄フライパンのおすすめ商品を見る 鉄フライパンのおすすめ商品を見る>>

ビタクラフト鉄フライパン「打出しフライパン」の特徴

Amazon
省エネや食に対する安全性などに配慮し、プロ向けに開発された「ビタクラフト プロ」のなかにある「打出しフライパン」。
 
神奈川県横浜市にある山田工業所とのコラボレートモデルで鉄を数千回叩いて作る「打ち出し」製法により、丈夫かつ薄く軽量、熱まわりも油なじみもよく、鍋振りがラクなのが魅力です。
 
サイズは「24cm」「27cm」「30cm」の3展開。IHとガス火の両方に対応します。
 

Vita Craft(ビタクラフト)鉄フライパンの4モデル商品詳細

ビタクラフトの鉄フライパンは、スーパー鉄シリーズから、「スーパー鉄 フライパン」・「スーパー鉄 ウォックパン」・「スーパー鉄 エッグパン」。ビタクラフト プロシリーズから「打ち出しフライパン」が販売されています。スペック表にあるサイズや対応熱源なども参考にして、使用目的に合った商品を見つけてみてください。

炒め物におすすめの定番「スーパー鉄 フライパン」

Vita Caft(ビタクラフト) スーパー鉄 フライパン

参考価格: 9,680

ひとつは欲しい使いやすいサイズ感

凝った料理をしない方も1つは持っておいて損はない丁度よいサイズのフライパン。鉄フライパンですが、独自の窒化4層加工を施しているため使い始めの処理や面倒なお手入れも不要で自炊初心者にもおすすめです。オール熱源対応でおうちのコンロに合わせて買い替える必要もありません。

この商品の口コミが気になる方は、ビタクラフトの公式ページもチェックしてみてください。

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月23日 04:02時点 rakuten.co.jp: 2024年7月9日 08:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2024年7月13日 15:22時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
サイズ 内径26cm/深さ7.2cm
板厚 約1.6mm
重量 約1049g
材質 本体:鉄(窒化加工)、ハンドル:ステンレススティール
対応熱源 ガス、IH(電磁調理器)
生産国 日本

炒める・焼くはもちろん、煮る・蒸すも可能な「スーパー鉄 ウォックパン」

Vita Caft(ビタクラフト) スーパー鉄 ウォックパン

参考価格: 9,515

手頃な深さでマルチに使える

適度な深さがあることで焼く・炒めるだけでなく煮る・蒸すなど幅広い調理に使えるウォックパン。鉄製の魅力はそのままにメーカー独自の窒化4層加工により錆びにくさを備えた使いやすいフライパンとなっています。鉄フライパンが初めての方でも扱いやすく、ステンレスハンドルで高級感あるデザインです。

この商品の口コミが気になる方は、ビタクラフトの公式ページもチェックしてみてください。

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月23日 04:02時点 rakuten.co.jp: 2024年7月9日 08:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2024年7月13日 15:22時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
サイズ 内径28.0cm/深さ5.0cm/底径21.5cm
板厚 約1.6mm
重量 約1133g
材質 本体:鉄(窒化加工)、ハンドル:ステンレススティール
対応熱源 ガス、IH(電磁調理器)
生産国 日本

卵焼きやお弁当作りには「スーパー鉄 エッグパン」

Vita Caft(ビタクラフト) スーパー鉄 エッグパン

口コミ・レビュー総合評価
4.76
(54件)
参考価格: 8,273

お弁当の卵焼きづくりにぴったり

卵焼きをきれいに仕上げたいならやっぱり持っておきたいエッグパン。窒化4層加工を施した鉄製のため鉄フライパンのよさを持ちながら手間のかかるお手入れは不要なのもうれしいポイントです。使えば使うほど油なじみがよくなるため、繊細な卵焼きもうまく焼き上がりそう。ちょっとした炒め物にも使えて使い勝手のよいアイテムです。

この商品の口コミが気になる方は、ビタクラフトの公式ページもチェックしてみてください。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月23日 04:02時点 rakuten.co.jp: 2024年7月9日 08:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2024年7月13日 15:22時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
サイズ 縦19.9cm/横15.2cm/深さ4.0cm
板厚 約1.5mm
重量 684g
材質 本体:鉄(窒化加工)、ハンドル:ステンレススティール
対応熱源 ガス、IH(電磁調理器)
生産国 日本

軽量で油なじみのよい「ビタクラフト プロ 打出しフライパン」

Vita Caft(ビタクラフト) プロ 打出しフライパン

参考価格: 19,041

山田工業所との打出し製法モデル

打出し製造で知られる山田工業所とのコラボレートモデルのフライパン。鉄を何千回と叩いて作ることで薄くて軽量でありながら丈夫な製品に仕上げています。熱のまわりがよく、表面に凹凸があるため油なじみがよいのも魅力。プロの料理人も愛用する本格仕様のフライパンをビタクラフトの片手ハンドルでスタイリッシュに使いやすく仕上げています。

この商品の口コミが気になる方は、ビタクラフトの公式ページもチェックしてみてください。

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月23日 04:02時点 rakuten.co.jp: 2024年7月9日 08:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2024年7月13日 15:22時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
サイズ 直径30.0cm/深さ8.5cm
板厚 約1.6mm
重量 約1250g
材質 本体:鉄(SPHC熱延鋼板)、ハンドル:ステンレススティール
対応熱源 ガス、IH(電磁調理器)
生産国 日本

Amazon・楽天市場のビタクラフト鉄フライパンおすすめ商品

Amazon:ビタクラフト鉄フライパンおすすめ商品>>
楽天市場:ビタクラフト鉄フライパンおすすめ商品>>

まとめ

オールアバウト Best One編集部 キッチン担当
オールアバウト Best One編集部
キッチン担当
ビタクラフト鉄フライパンの特徴やおすすめ商品を紹介しました。今回紹介したビタクラフト鉄フライパンのおすすめ商品を参考に、自分に合ったビタクラフトの鉄フライパンを見つけましょう。鉄フライパンだけでなく、さまざまな材質のフライパンも見てみたいという方は、フライパンのおすすめ人気ランキングの記事もチェックしてみてください。
フライパンのおすすめ商品を見る フライパンのおすすめ商品を見る>>

この記事に登場する専門家・担当者

オールアバウト Best One編集部 キッチン担当
オールアバウト Best One編集部
キッチン担当
BestOne編集部で調理器具・キッチン雑貨から食品まで、キッチンや食べ物にかかわる商材を発信。メンバーは、年齢層も幅広く、一人暮らしから主婦まで性別問わず幅広く在籍しています。フライパンや冷蔵庫・炊飯器などを比較し、ユーザーの皆さんにお気に入りの1つを見つけていただくために、商品の選び方やメリット・デメリットを調査してわかりやすく解説しています。
詳しくはこちら

※記事に掲載している商品の情報はBestOne編集部の調査結果に基づいたものになります。
※ランキングは、専門家による選び方のポイントや、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋上位商品、口コミ・検証・アンケート・価格情報等を参考にBestOne編集部にて順位付けしたものになります。
※記事に掲載している商品の価格はAmazonや楽天市場などの各ECサイトが提供するAPIを使用しています。そのため、該当ECサイトにて価格に変動があった場合やECサイト側で価格の誤りなどがあると、当サイトの価格も同じ内容が表示されるため、最新の価格の詳細に関しては各販売店にご確認ください。

あなたにおすすめの記事
関連記事