KEYUCA(ケユカ)の鉄フライパン「Runo(ルノ)」の魅力|お手入れしやすいおすすめモデルを紹介

KEYUCA(ケユカ)の鉄フライパン「Runo(ルノ)」の魅力|お手入れしやすいおすすめモデルを紹介

BestOne編集部

2024年07月22日時点の最新価格で比較できます

おしゃれな生活雑貨を多く展開するライフスタイルショップ、KEYUCA(ケユカ)。中でも鉄製フライパンの「Runo(ルノ)」は、口コミでもお手入れが簡単で扱いやすいと大人気です。今回はそんなケユカのおすすめ鉄フライパン、ルノの魅力を紹介。鉄製ながらサビにくくお手入れしやすい点など、ルノのメリットを解説するとともに、実際に購入した方の口コミや詳しいお手入れ方法も掲載します。気になっている方はチェックしてみてください。

この記事に登場する専門家・担当者

オールアバウト Best One編集部 キッチン担当
オールアバウト Best One編集部
キッチン担当
BestOne編集部で調理器具・キッチン雑貨から食品まで、キッチンや食べ物にかかわる商材を発信。メンバーは、年齢層も幅広く、一人暮らしから主婦まで性別問わず幅広く在籍しています。フライパンや冷蔵庫・炊飯器などを比較し、ユーザーの皆さんにお気に入りの1つを見つけていただくために、商品の選び方やメリット・デメリットを調査してわかりやすく解説しています。
詳しくはこちら
目次
KEYUCA(ケユカ)とは?
ケユカの鉄フライパン「Runo(ルノ)」の魅力
ケユカの鉄フライパンのラインナップを比較
ケユカの鉄フライパン「ルノ」の口コミや評判は?
ケユカの鉄フライパン「ルノ」の商品紹介
ケユカでは「ルノ」以外にも鉄フライパンはある?
ケユカの鉄フライパン「ルノ」のお手入れ方法
ケユカの鉄フライパンのよくある質問
まとめ
この記事に登場した専門家

KEYUCA(ケユカ)とは?

KEYUCA(ケユカ)とは?
出典:楽天市場
ケユカは「Simple & Naturalに暮らす。」をテーマにしたオリジナルデザインの日用雑貨を数多く展開するライフスタイルショップです。フライパンなどの調理器具はもちろん、カーテン、家具、キッチン雑貨、食器、バス用品、服飾雑貨などの幅広いアイテムを発売。シンプルでおしゃれ、かつ使いやすいデザインが30代~50代の女性を中心に高い人気を獲得しています。口コミなどでも「買ってよかった」と高評価を得るアイテムが多く、日用品をお探しなら、ぜひ一度はチェックしてほしいおすすめブランドです。

ケユカの鉄フライパン「Runo(ルノ)」の魅力

ケユカの調理器具の中で人気を誇るアイテムのひとつが鉄フライパン「Runo(ルノ)」です。ルノは鉄製ながらサビにくく、お手入れもしやすいアイテム。ケユカの公式サイトでは「究極の鉄フライパン」として紹介されており、初めて鉄フライパンに挑戦する方からも人気です。ここからは、ルノの魅力をたっぷりと紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。
なお、ケユカのルノ以外の鉄フライパンについても知りたい方は、鉄フライパンのおすすめ記事で詳しく紹介しているので、併せてチェックしてみてください。
鉄フライパンのおすすめ商品を見る 鉄フライパンのおすすめ商品を見る>>

サビにくい窒化鉄を採用

サビにくい窒化鉄を採用
出典:楽天市場
ルノは表面層を硬化した「窒化鉄」を採用しているのが大きな特徴です。「窒化」とはもともと、航空機や自動車部品のサビを防ぐために用いられてきた特殊な熱処理のこと。ルノは素材の鉄に、この窒化処理を施すことによって、耐腐食性と耐摩耗性をアップ。長期間にわたって防サビ効果が続きやすい仕様になっています。
 
さらに、表面が硬いためキズが付きにくいのもポイント。初めて鉄フライパンを買う場合でも「サビてしまう」「表面にキズができてしまう」などの失敗を気にしすぎることがありません。経年変化を楽しむこともでき、長期間愛用できるモデルをお探しの方におすすめのフライパンです。

お手入れしやすいエンボス加工済み

お手入れしやすいエンボス加工済み
出典:楽天市場
ケユカの鉄フライパン、ルノは表面に「エンボス加工」が施されているのも特徴の一つ。エンボス加工とは金属の表面に無数の凹凸を浮き立たせる特殊な加工のことを指します。凹凸があることで食材とフライパンの間に油分や水分が入り込み、接地面積が少なくなるのがポイント。エンボス加工なしの鉄フライパンに比べて、食材が調理中にこびりつきにくく、使用後のお手入れも簡単です。
 
また、無数の凹凸が熱をしっかりと蓄えてくれるため、熱効率と保温性も高め。焼き物は香ばしく、炒め物はシャキッとした食感に仕上がりやすいほか、使い込むほどに油がなじんで使いやすくなるのも魅力です。

22cmサイズの丸型に加え玉子焼き器も展開

22・26cmの2サイズに加え28cmの炒め鍋と玉子焼器も展開
出典:楽天市場
ケユカでは「ルノ」シリーズとして、22cmのフライパンと卵焼き専用の玉子焼き器を展開しています。22cmサイズは一人暮らしの調理や、朝食用のおかず作りなどに便利。一方の玉子焼き器も卵焼きがきれいに作れるのはもちろん、お弁当のちょっとしたおかずなども作りやすいと口コミで評判です。使用目的に合わせて、最適なものを選ぶようにしましょう。
 
なお、過去には26cmサイズのフライパンと28cmサイズの炒め鍋も発売していたものの、現在は公式サイトなどでは販売されていません。

ケユカの鉄フライパンのラインナップを比較

ケユカの鉄フライパンのラインナップを比較
出典:Amazon
ケユカの鉄フライパンには、ルノシリーズのオーソドックスな鉄フライパンと玉子焼き専用のフライパンだけでなく、シリーズ外の玉子焼き用フライパンもあります。ここではそれぞれの鉄フライパンの特徴を比較しているので、価格帯や重さ、対応熱源などの違いにも注目してみてください。
Runoシリーズ 特徴 価格帯(2023年時点) サイズ 重さ 対応熱源
フライパン オーソドックスな形状。サビにくく、蓄熱性に優れている。 3993円 22.4×42×10.9cm 約660g ガス、IH、エンクロヒーター、ラジエントヒーター、ハロゲンヒーター、シーズヒーター
玉子焼器 玉子焼きをきれいに作れる専用フライパン。 3993円 14.5×36×7cm 約640g ガス、IH、エンクロヒーター、ラジエントヒーター、ハロゲンヒーター、シーズヒーター
Runoシリーズ以外 特徴 価格帯(2023年時点) サイズ 重さ 対応熱源
鉄製スリム玉子焼 リーズナブルな軽量モデル。焼きムラも少ない。 1749円 10.4×34.5×2.8cm 約415g ガス、エンクロヒーター、ラジエントヒーター、ハロゲンヒーター、シーズヒーター

ケユカの鉄フライパン「ルノ」の口コミや評判は?

ケユカの鉄フライパン「ルノ」の口コミ
ケユカの鉄フライパン「ルノ」は実際に購入した方からも「手入れも面倒ではなく長く使える」「しっかり熱して使えばお肉も少しの油でくっつくことなく焼ける」などと、高く評価する口コミが上がっています。また、価格のわりに高品質でコスパがよいという声も。以下に口コミの一例を紹介しているので、気になる方は参考にしてみてください。
憧れの鉄製フライパンです。
使用始めは、手入れに気をつければその後はがんがん洗えるし、テフロン加工と違って長く使えます。
買い替えのタイミングで使い始めて1年弱ですが、段々と色が変わってきた感じもあり、大事にしていきたいと思わせてくれています。料理も楽しんでますが、フライパンの変化も楽しんでいます。
これまでテフロンのフライパンを使ってましたが、買い替えがあるので面倒だなと思いつつ、鉄のフライパンは手入れが大変なのかなとも思い、使ってみたいと思いながらも踏み切れずにいました。こちらは面倒な手入れは特に感じずに使えています。
とても使いやすいです! しっかり熱して使えばお肉類も少しの油でくっつくことなく焼けました。 お手入れもやり方を覚えてしまえばとても単純で楽、重さも許容範囲です。 いままでテフロン加工の物を使っていましたが、思い切ってこちらを買ってよかったです。 このくらいのお値段なら、長く使える鉄のフライパンの方がお得かも。 
軽い、手入れも簡単、焦げ付かない。 強火で炒めたり、焼き色つけたりメチャクチャ重宝しています! そしてなぜか激安!すっごく気に入っています。
製品別の評価をチェックしたい方は、以下のリンクより公式サイトのレビューをご覧ください。
 

ケユカの鉄フライパン「ルノ」の商品紹介

ここではケユカの鉄フライパン「ルノ」の22cmサイズと玉子焼器の特徴を詳しく紹介します。一般的な円形のフライパンと卵焼き用のフライパンとでは使用目的や使い勝手が違うため、できれば2種類を一度にそろえるのがおすすめです。スペックの「サイズ」や「重さ」の項目にも着目しながら、ぜひチェックしてみてください。

KEYUCA(ケユカ) Runo(ルノ)フライパン

参考価格: 3,993

コスパの高いアイテムをお探しの方にもおすすめ

シンプルでおしゃれなデザインも魅力的なケユカの鉄フライパン。鉄製ながらサビにくく、初心者でも使いやすいため、結婚祝いなど新生活へのプレゼントにもおすすめです。

蓄熱性に優れており、焼き物や炒め物をおいしく仕上げたいときにも便利。調理中に食材が焦げ付いた場合もナイロンタワシでごしごしと洗え、お手入れも簡単です。優れた性能を備えながらも比較的安い価格帯で購入できるのもポイント。コスパの高さを求める方もぜひチェックしてみてください。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月22日 16:03時点 rakuten.co.jp: 2023年12月19日 09:12時点 shopping.yahoo.co.jp: 2023年12月19日 09:12時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
調理面のサイズ 22cm
全長 42cm
重さ 約660g
対応熱源 ガス、IH、エンクロヒーター、ラジエントヒーター、ハロゲンヒーター、シーズヒーター

KEYUCA(ケユカ) Runo(ルノ)玉子焼器

参考価格: 3,993

初めての鉄製でも挑戦しやすい小さめサイズ

卵焼きを美しく焼きたい方におすすめの鉄製玉子焼器です。円形のフライパンよりもサイズが小さく気軽に使えるため、初めて鉄フライパンを購入する方も挑戦しやすいのもポイント。お弁当の卵焼き作りにはもちろん、お弁当や朝食のちょっとしたおかず作りにも使えて、幅広いシーンで活躍してくれます。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月22日 16:03時点 rakuten.co.jp: 2023年12月19日 09:19時点 shopping.yahoo.co.jp: 2023年12月19日 09:20時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
調理面のサイズ 幅14.5cm
全長 36cm
重さ 約640g
対応熱源 ガス、IH、エンクロヒーター、ラジエントヒーター、ハロゲンヒーター、シーズヒーター

ケユカでは「ルノ」以外にも鉄フライパンはある?

ケユカの鉄フライパンと言えば、ルノシリーズが大人気ですが、実はルノとは違う鉄製の玉子焼き器も発売されています。「鉄製スリム玉子焼」で、素材には厚さ1.6mmの鋼板を採用。ルノシリーズに施されているエンボス加工がない、という大きな違いはあるものの、熱が均一に伝わりやすく、焼きムラが少ないのが魅力です。ここでは「鉄製スリム玉子焼」の詳しい商品情報を紹介するので、気になる方はチェックしてみてください。

KEYUCA(ケユカ) 鉄製スリム玉子焼 9×14cm

参考価格: 1,749

卵1個で美しい卵焼きが作れるスリムなアイテム

厚さ1.6mmの鋼板を使うことで、熱が均一に伝わりやすいフライパンに仕上がっているのがポイント。9×14cmのスリムなサイズ感で、卵1個でも焼きムラの少ない美しい卵焼きを作りたい方におすすめです。

表面にはサビを防ぐシリコン樹脂塗装を実施。購入後は面倒な「空焼き」なしで使い始められるのも魅力です。また、使用前にしっかりと「油ならし」をすることで、だんだんと焦げ付きにくいフライパンへと変化してくれます。ハンドルは熱くなりにくい天然木製。なお、ガス火専用でIHコンロでは使えない点に注意しましょう。
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2024年7月22日 22:34時点 rakuten.co.jp: 2023年12月26日 16:29時点 shopping.yahoo.co.jp: 2023年12月26日 17:05時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
調理面のサイズ 9×14cm
全長 34.5cm
重さ 約415g
対応熱源 ガス

ケユカの鉄フライパン「ルノ」のお手入れ方法

出典:You Tubeケユカ公式|Runoフライパンの育て方
ケユカの鉄フライパン「ルノ」を快適に使うためには購入直後の「油ならし」、使用前の「油返し」などの作業が必要です。また、使用後のお手入れもいくつかポイントがある点に注意しましょう。ここからは上のケユカ公式動画で紹介されている具体的な方法について記載していきます。

購入直後の「油ならし」のやり方

購入直後に必要な「油ならし」の方法は以下の通りです。
 
  1. フライパンを中性洗剤で洗う
  2. ガス火の場合、中火以下で1分ほど熱し、火を止める(IHはこの工程は必要なし)
  3. 食用油を0.5~1カップ程度注ぐ(玉子焼器は0.25~0.5カップ程度)
  4. 弱火にかけて油を全体になじませながら2~3分ほど熱する
  5. フライパンを回しながら縁にも油をなじませる
  6. 煙が出てきたら火を止め、オイルポットに油を移す
  7. キッチンペーパーなどで内側をまんべんなく拭く
 
キッチンペーパーでフライパンをふくときはすり込むように拭くのがポイント。すぐに使い始めないときは裏側も拭くようにしてください

普段の使用前に行う「油返し」のやり方

ここからは「油返し」の方法を紹介します。油返しは使い始め1カ月ほどは、使用前に行うのがおすすめ。このお手入れをしっかりと行うことで、焦げ付きやこびりつきが起きにくいフライパンへと“育てる”ことができます。
 
  1. フライパンを中火で加熱する
  2. 大さじ3ほどの食用油を入れてフライパン全体になじませる
  3. 残りは「油ならし」の4~6と同じ手順。油煙が出てきたら火を止め、オイルポットに油を移す
 
なお、調理時はしっかりと予熱した上で、全体に油をなじませてから調理を開始するようにしましょう。

使用後のお手入れ方法

使用後のお手入れ方法は以下の通りです。
 
  1. 調理後はフライパンが温かいうちにすぐ、お湯で洗う
  2. 火にかけて水けを飛ばす
  3. 内側にキッチンペーパーなどで油を薄く塗る
 
「ルノ」フライパン自体は洗剤でも洗うことができるものの、可能なら柔らかいスポンジやナイロンタワシ、ささらを使ってお湯のみで洗うのがおすすめです。なお、窒化によって表面層を硬化しているため、焦げ付いた場合はナイロンタワシでごしごし洗っても問題ありません。

ケユカの鉄フライパンのよくある質問

シリーズ Runo(ルノ) Fuerte(フエルテ) Timant(ティマント)
主な特徴 耐久性に優れている 耐摩耗性に優れている ラインナップが豊富
素材 鉄製 アルミ製 アルミ製
コーティング コーティングなし 「Silkware」コーティング ダイヤモンド粒子とフッ素樹脂
付属のフタ なし なし なし
IH対応 対応 対応 対応

Fuerte(フエルテ)やTimant(ティマント)シリーズとの違いは?

同じくケユカが発売するフエルテ、ティマントシリーズのフライパンとルノフライパンとの一番の違いは、使われている素材です。ルノが鉄製なのに対し、フエルテとティマントはアルミ製。フエルテはダイキンの「Silkware」コーティング、ティマントはダイヤモンド粒子とフッ素樹脂によるコーティングを採用することで、それぞれ焦げ付きにくさを実現しています。
 
選ぶときは重視するポイントに合わせるのがおすすめ。耐久性重視ならルノ、こびりつきにくさを重視するなら耐摩耗性に優れたフエルテ、シリーズで幅広いアイテムをそろいえたいならラインナップ豊富なティマントがよいでしょう。

ルノシリーズ専用のフタはあるの?

ケユカではルノシリーズ専用のフタは販売していないものの、幅広いフライパンに使えるフタをいくつか展開しています。中でも、さまざまなサイズのフライパンに対応できる「立つハンドル付 20-27cm用 フタ」は調理中に自立させることができる点が便利。ハンドル部分が動く仕様になっているため、立たせる必要がないときはすっきりと折りたたんで省スペースに収納できます。気になる方はチェックしてみてください。

ルノシリーズのフライパンはIHでも使える?

ルノシリーズのフライパンはガス火だけでなく200Vと100VのIHヒーターでの調理にも対応。そのほか、エンクロヒーター、ラジエントヒーター、ハロゲンヒーター、シーズヒーターでも使えるため、ご自宅のキッチンの仕様にかかわらず使いやすいのも魅力です。ただし、ガス火とIHでは購入直後の「油ならし」の方法にやや違いがある点に注意しましょう。詳しくは、記事内で紹介している「購入直後の「油ならし」のやり方」も参考にしてみてください。

まとめ

オールアバウト Best One編集部 キッチン担当
オールアバウト Best One編集部
キッチン担当
おしゃれなデザインの日用雑貨が人気のメーカー、ケユカ。中でも鉄フライパンの「ルノ」シリーズはサビにくく、お手入れもしやすいのが大きな魅力で、お気に入りのアイテムを愛着を持って使い続けたい方にもおすすめです。ぜひ今回の記事で紹介した内容を参考に、ケユカの鉄フライパン、ルノを手に取ってみてください。
なお、下記のフライパンの種類と選び方の記事では、鉄やアルミなどフライパンの素材別の特徴を、フライパンのおすすめ記事では鉄製以外にも幅広いフライパンのおすすめモデルを詳しく紹介しています。ケユカの鉄フライパンにこだわらず、自身の使用目的に合ったフライパンを見つけたい方はぜひチェックしてみてください。
フライパンの種類と選び方を詳しく見る フライパンの種類と選び方を詳しく見る>>
フライパンのおすすめ商品を見る フライパンのおすすめ商品を見る>>

この記事に登場する専門家・担当者

オールアバウト Best One編集部 キッチン担当
オールアバウト Best One編集部
キッチン担当
BestOne編集部で調理器具・キッチン雑貨から食品まで、キッチンや食べ物にかかわる商材を発信。メンバーは、年齢層も幅広く、一人暮らしから主婦まで性別問わず幅広く在籍しています。フライパンや冷蔵庫・炊飯器などを比較し、ユーザーの皆さんにお気に入りの1つを見つけていただくために、商品の選び方やメリット・デメリットを調査してわかりやすく解説しています。
詳しくはこちら

※記事に掲載している商品の情報はBestOne編集部の調査結果に基づいたものになります。
※ランキングは、専門家による選び方のポイントや、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋上位商品、口コミ・検証・アンケート・価格情報等を参考にBestOne編集部にて順位付けしたものになります。
※記事に掲載している商品の価格はAmazonや楽天市場などの各ECサイトが提供するAPIを使用しています。そのため、該当ECサイトにて価格に変動があった場合やECサイト側で価格の誤りなどがあると、当サイトの価格も同じ内容が表示されるため、最新の価格の詳細に関しては各販売店にご確認ください。

あなたにおすすめの記事
関連記事